OKWAVE Premium

書家紫舟SISYUOfficial Gallery

ヘルプ お問い合わせ 対応機種 特定商取引に基づく表示 利用規約 プライバシーポリシー 運用会社

OKWAVE bestanswer

販売終了

この作品は、熊本支援アーティストチャリティーオークション参加作品となります。
オークションの落札金は全額南阿蘇の子供たちのために使用されます。

落札希望の方は、ログインをして「入札する」ボタンから、落札希望価格をご記入の上ご応募ください。

作品解説:
私の代表作であるトンボの器は、私が修業時代を過ごした茨城県笠間市でみた羽黒トンボをイメージし、アールヌーボーのガレやドームといったガラス作家の自然を立体的にレリーフして施した器を陶器で作りたいと思ったことで生まれました。
おかげさまで広く皆様からご要望頂くシリーズとなりました。
日本ではトンボは「勝ち虫」といわれ、前に力強く飛び進む姿から古くより武将に好まれ、縁起物として愛されて来ました。
今回は抹茶碗と大皿を出展させて頂きました。
新作の青い器はのびのびと広がる大きな葉を描いております。ワインクーラーとして使用して頂くことも出来ますし、フルーツ等をいれておく鉢としても便利な大きさです。
過日ご縁あって安倍昭恵夫人のお声かけにより、熊本市益城町の被災状況を見に行って参りました。
熊本市内は被災を感じさせないほど活気づいておりましたが、一歩はなれると震災から数ヶ月経っているにも関わらず手つかずのお宅も沢山あり、避難所で生活されておられる皆様のご心労も伺い、とても考えさせられる状況でした。私に何かできることは無いか、何かしたい、と思いながらもその手だてが見つからず悶々としているときに、紫舟さんからお声かけ頂き、このご縁を形にさせて頂きたいと今回参加させて頂きました。
どうか私の器が今回のオークションで皆様にお気に召して頂くことで、未だ大変なご苦労をされている熊本の方々へのお見舞いとしてお買い上げ下さった方のお心とともに届きますこと切に願っております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • カテゴリ チャリティ作品
  • 本体サイズ(縦×横):H120×W120×D80mm
  • 特記事項:陶器、最低価格10,000円からの開始となります。

紫舟

書家 / アーティスト

パリ・ルーブル美術館地下会場Carrousel du Louvreにて開催されたフランス国民美術協会(155年前にロダンらが設立)サロン展2015にて、横山大観以来の世界で1名が選出される「主賓招待アーティスト」としてメイン会場約250m2で展示。2014年同展では「北斎は立体を平面に、紫舟は平面を立体にした」と評され、日本人初・金賞をダブル受賞。
日本の伝統文化である「書」を書画・メディアアート・彫刻へと昇華させながら、文字に内包される感情や理を引き出し表現するその作品は唯一無二の現代アートとなり、世界に向けて日本の文化と思想を発信している。
文科省2020 年に向けた文化イベント等の在り方検討会委員、内閣官房伊勢志摩サミット・ロゴマーク選考会審議委員、大阪芸術大学教授

詳しく見る